2013/12/30

日本の出張、シンガポールでの出張

日本では一般的に「100km以上」の移動が伴うと出張扱い。

国土面積が東京23区とほぼ同一のシンガポールだと、100kmも移動したら余裕で国外へ。

グローバル化への適応能力を考えた時、物理的な制約も一つの要素として関わってくる。

2013/12/24

出版で重要な「目次づくり」に使える13の質問

4月に出版予定の本(タイトル未定)の目次を再度練り直す。

刺激を得るために、いくつか質問を用意。
オーバラップしているものもあるけど、だいたい13個ほど出てきた。

  1. なぜ〇〇をテーマに選んだのか?
  2. 類似テーマと何が違うのか?どんな利点・限界があるのか?
  3. 応用するにはどうすればいいか?どんな事例があるか?
  4. なぜうまくいくのか?
  5. どうすればうまくいくのか?
  6. なぜ今〇〇なのか?
  7. 構成要素は何か?
  8. 〇〇とはなにか?
  9. どんな種類の〇〇があるか
  10. どんなプロセスなのか
  11. 前提条件は何か?
  12. どんなトレンドが存在するのか?何が問題となっているのか?
  13. 誰が行うのか?

2013/12/13

経済と社会

「経済的に依存する部分はどこか、社会的に依存する部分はどこか」

出版物のプロトタイプ どこまで??

2014年4月の出版を目指して、プロトタイプをユーザー候補の方々と共有。
初稿の前の段階からみんなの意見を取り入れていいものにする、という考え。

とりあえずどんな反応が出てくるのか知りたくて、初稿を100だとしたら20〜30ぐらいの完成度で共有してみた。

すると「どういう人向けに書いているのか?」「どんな構造なのか?」という質問をいくつか頂いた。

この質問は、
  1. 読み手であれば自然に思い浮かぶ疑問だから出てきたのか
  2. FB候補者の中に執筆経験者がいて「まず最初に確認すべきこと」として出てきたのか
どちらなのかなー、とふと思った。

両方かな。
たしかに、本の場合は構造が明確でないと、読み手としてはつらい。

ということは、ある程度しっかりした内容のものを提供する必要がある。
すると、プロトタイプというよりは「初稿」になるだろうか。

当初は「初稿段階で共有しても、決まった構造に対してフィードバックをもらうことになる。だから、ざっくりした状態のまま、意見をもらおう」と思っていた。

しかし、それではフィードバック自体が難しいとのこと。
こと本に関しては、どれくらいのプロトタイプ精度が一番バランスがいい状態なのか。

2013/12/08

Howを考えるからうまくいかない

デザイン思考はイノベーションを起こすためのツール。Howに位置づけられる。

…が、イノベーションを起こそうとした時にまず考えるべきはWho。

◆「誰と一緒にイノベーションを起こすのか」

・優秀であること(能力)
・やる気があること(情熱)
・相性がいいこと(人格)

今年の3月にIDEOのデザイナーに聞いたところ、新しく人を採用するときには「4〜5人1グループの社員が、採用予定の人を数回に分けて面接する」とのこと。

目的は「相性」をみるため。どんなに能力が高くてモチベーションがある人でも、その会社の文化に馴染まない人は活躍することができない。

間違った質問をすると、どんなに考えても間違った答えしか出てこない。

「イノベーションを起こすには、チームや組織にどんな人が必要なのか?」